治療内容

医院紹介

1.インプラント治療とは

虫歯や歯周病などで失われた歯の代わりに、人工歯根(インプラント体、フィクスチャーとも呼ばれます)を 顎の骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を乗せ、自然の歯のような形態にします。
 隣の健康な歯を削ることなく、新しく歯が生えたような感じになります。しっかり骨に固定されるので、噛む力が強くなり さらに見た目の美しさも得られます。
 現在、歯が失われた場合の選択肢は、入れ歯ブリッジもありますが、インプラントが最良の方法と言われています。

2.インプラントと従来の治療法との違い

1)インプラント

インプラント

歯が失われた部分に、人工の歯根を埋め込み、その上に歯冠を被せてしっかり噛めるようにする治療です。

→治療の流れを見る

メリット デメリット
・自分の歯と同じように噛めます
・異物感がありません
・周りの歯を削らずに済みます
・抜けた歯の本数に関わらず応用範囲が広い
・見た目が美しい
・骨があまり減らない
・他の歯に負担をかけないので口の中全体の保全に役立ちます
・手術が必要
・骨粗鬆症、糖尿病などで手術ができない時があります
・保険適用ではないので自費となります(医療費控除は可能)
・治療期間が長くなります(2~4ヶ月の間仮の歯が入るので噛むことはできます)

2)入れ歯

入れ歯

入れ歯は一部の歯がなくなった時に、残っている歯にバネをかけて安定させる「取り外し」式の人工の歯です。 また、歯が全部なくなった時は、バネがなく歯肉の上に乗せるだけの「総入れ歯」となります。

メリット デメリット
・従来から行われている一般的な治療法なので、多くの歯科医院で受けられます
・比較的簡単な治療で済みます
・保険適用になる場合が多くあります
・高齢で体調が悪い方、顎の骨が極端に減っている方にも装着できます
・大きなものが入るため、異物感が強く、噛みづらくなります
・硬い物や粘着力のある物には不都合
・安定が悪く歯肉がすれて痛いことがあります
・臭いや汚れなど、手入れが大変になります
・バネなどが見えて美しさに欠けることがあります
・入れ歯の下の顎の骨が痩せます

3)ブリッジ

ブリッジ

ブリッジは歯が1~2本なくなった時に行う治療です。両隣の歯を削って橋渡しをし、 人工歯をかぶせて、本来あった歯のようにします。

メリット デメリット
・しっかり固定され外れないので異物感がありません
・素材によっては保険が適用されます
・入れる部分や素材によっては美しさが保てます
・健康な両隣の歯を削る必要があります
・両隣の健康な歯に力が加わるので負担過重になり、弱りやすくなります
・抜けた歯の部分の顎骨が痩せます

インプラント治療の流れ

1. 検査・カウンセリング

レントゲンや、3Dで骨の状態がよくわかるCTで、画像の診断をします。また、咬み合せを調べ、 歯型の模型をつくりチェックします。血液検査(人間ドック、集団健診等で調べられたデータでも結構です) をして、全身の状態を把握します。インプラント治療の詳しい説明をし、理解していただきます。 CT

2. 治療計画

検査の結果をふまえて、細かい治療計画を立て、インプラント体(フィクスチャー)の種類、大きさ、 埋入位置のシュミレーション、手術の時期等のご説明をします。事前に治療しておくべき処置(虫歯、歯周病等) があれば行います。口腔を清潔に保つためです。 治療計画

3. インプラント埋入手術

人工歯根(インプラント体、フィクスチャーともいいます)を顎の骨の適切な位置に埋め込みます。 手術には1回法と2回法があり、各人の口腔の状態により決められます。1回法は人工歯根の一部が歯肉の上に見える 形にしておくものです。2回法は、初めに1次手術として、人工歯根を埋めた後、歯肉で覆って外から見えない ようにします。(感染を防ぐため)2か月程してから2次手術として、人工歯根の上にヒーリングアバットメント という金属の土台を付けて外に見える形にします。
1回法、2回法共に2ヵ月~4ヶ月ほど人工歯根がしっかり骨と結合するのを待ちます。その間は仮の歯で 噛めるようにします。

埋入手術

 

4. 上部構造作成

人工歯根と骨が固定されるのを確認してから、上に被せる歯冠(上部構造)を作るための 型を取ります。
最初にプロビジョナル・レストレーション(プロビ)という精密な仮歯を入れ、様子を見ます。問題がなければ 最終補綴物(完成品)が入り、噛み合わせ等を調整して、めでたく出来上がりとなります。一番嬉しい瞬間です。

完成

 

5. メインテナンス(定期検診)

初めは1ヵ月ごと、その後3ヶ月ごとにメインテナンスを行います。正しいブラッシングのチェックや 専門的予防処置等でインプラント以外の歯も健康が保てます。これにより、気持ちの良い口腔を維持することが できます。毎日のケアのやり方や個人の特殊な事情にもよりますが、長期間維持して機能します。

 

クリーニング

最近は若い方や50代、60代の方ばかりではなく、70代、80代になっても「好きなものが食べられるように、入れ歯ではなくインプラントにしたい」と希望される方が増えています。総入れ歯で不都合と感じている方のために、

「オールオンフォー」という方法で、入れ歯を固定することができます。これは4本だけインプラントを埋め、あらかじめ作っておいた総入れ歯をインプラントにネジ止めして動かなくするものです。これは大変喜ばれます。また、磁性アタッチメントやボールアタッチメントを使うと、1~2本のインプラントを入れるだけで総入れ歯を安定させられます。これは取り外しのできる入れ歯となるので清掃が楽です。さらに、骨が薄い部分に、骨を造成するなど、様々なことが可能になっています。どんな状況でも、諦めてしまわずに、より良いものを求めていただきたいと思います。

 

治療に関するご相談・ご予約はお電話で受け付けております。
TEL:03-6426-6228
(平日9:00~13:00/14:00~17:00/土日祝:休診)

トップページへ戻るページトップへ

当院の理念施設案内理事長・院長案内アクセス院内新聞よくあるご質問お問合せトップページへ戻る

医療法人社団 六医会 城南歯科医院 〒152-0012 東京都目黒区洗足2-27-10 TEL 03-6426-6228
Copyright©JONAN DENTAL CLINIC All Rights Reserved.